初心者の株の始め方

初心者が株を始める場合、まずはいろいろな学習をしましょう。実は株式市場にはとても大きな力が働いていて、株で成功している人たちはその日の経済状況や株での利益の出し方などを基本的にとてもしっかり学習しています。長いこと経験を持っている人や企業単位で行っているところもあり、そのような人たちが取引をしている中で何も知らない人が参加すると、投資資産を吸い尽くされたり、最悪借金を背負ったりすることもあります。また、詐欺に遭わないようにするためにも知識は必要です。次に、口座を開設します。これは証券会社に自分の資産を預けるための口座です。年間数十万円程度で済みそう、というのなら、NISA口座でもいいかもしれません。ただし大きな金額を預け入れるのなら、一般的な証券会社の口座の方がいいでしょう。ちなみに今はネット上からでも口座開設はできますし、ネット上で取引できる口座のほうが一般的です。そして、ルールを決めましょう。株の価格は上下しますし、変動幅が大きい会社もあります。また、中には倒産し、株の価値がゼロになってしまうものもあります。このため、基本的に取引の際には何らかのルールを定め、そのルールの範囲内で取引をすることが望ましいのです。もしこの文章の意味がわからないのなら損切りという単語もピンと来ないでしょうから、学習をやり直したほうがいいかもしれません。最後に、実際に取引を始めます。売ったり買ったりして、利益を作っていきましょう。利益の出し方は人によっても違い、優待目的の人と売買益目的の人、配当目的の人によっては取引の内容が違う事が多いのではないでしょうか。また、リスクヘッジとして複数のジャンルの企業の株を買うことを忘れないようにしましょう。

株を始める上での心得

NISAの枠も拡大され、株式投資への関心が高まっています。株式投資は購入時と値上がり後に売却した差額、保有する1株あたり●●円と決まった金額がもらえる配当、投資のお礼として自社製品や金券などが贈られる優待制度など、様々な利益が得られます。しかしその反面、値下がりすれば損ができますし、最悪会社が倒産してしまえばただの紙くずです。貯金とは違いリターンが大きい分リスクも大きいわけです。投資を始める場合は、慎重に行いましょう。株式投資に限らずすべての投資の鉄則ですが、投資は余剰資金で行いましょう。病気や失業など何かあった時に使える貯金がないのに投資をしたり、借金して調達することはやめたほうがいいでしょう。また、方法がわからないものに投資するのはやめるべきです。まずは書籍や証券会社のサイトなどで投資の流れや基礎知識を勉強しましょう。中にはバーチャルで投資が体験できるサイトもありますので、挑戦してみるといいかもしれません。投資をすると決めたら次は証券会社選びです。投資には手数料がかかります。手数料は会社によって様々です。金額や1日の取引回数など自分の投資スタイルに合った会社を選びます。比較サイトもありますので参考にしてみてください。実際に売買方法になれるまでは小額で取引してみます。慣れてきたら徐々に金額を増やしていきましょう。一番大事な銘柄選びですが、決算書が読める人や数字に強い人はその会社の決算やPERなどの株価指数を参考に選びます。それが難しい人は、生活の中での感覚を頼りに選んでみては。「あの店はいつも混んでいる」「あの会社の商品はいつも人気」などの感覚は意外と参考になるものです。投資を始めたら是非毎日の経済ニュースにも注目してみてください。様々な投資や銘柄選びのヒントが隠されていることに気づきます。今まで無関係、苦手と思っていた経済ニュースが身近に感じられることでしょう。

こんな株は要注意!

「相場」というものは、どんな業界にもあるもので、ある商品が、似たようなほかの商品よりも明らかに高ければ誰も買わないでしょう。逆に、明らかに安ければ、もしかすると何か欠陥があるのではないかと疑ってしまいます。だいたい相場通りのものなら安心して買うことができるのが普通です。株も同じで、相場よりも高すぎたり安すぎたりするものには注意が必要です。そもそも相場よりも高いのか安いのかというのは、どうやって判断すれば良いのでしょうか。そのためのものが株価指標です。株価指標とは、ほかのいろいろなものと比較して株価が高い伊野か安いのかを判断するためのものです。たとえば純資産倍率があります。純資産倍率はPBRと呼ばれることもあります。PBRは、分かりやすく言うと企業の純資産を基準にして株価が高いのか安いのかを示す数値です。PBRは、業種によって異なっていて、PBRが低いほど割安だと判断されます。たとえば、ある業種ではPBRが2.0から3.0くらいに収まっていたとしましょう。そして、その中のある銘柄のPBRが0.8倍だったとすると、かなり安いと判断することもできますが、もしかすると次の事業年度で一気に資産を失ってしまうのではないかとも判断されます。PBRが2.0から3.0の業界で、1.9くらいなら割安だと判断できなくもないのですが、あまりにも安すぎると何かあるのではないかと注意した方が良いです。相場よりも高すぎたり安すぎたりする株には注意しなければなりません。有望なものが見つかったとしても、それが本当に有望なのかどうかをきちんと判断しなければなりません。そのためには、いろいろな株価指標を使って判断していくと良いです。

■初心者の株取引は危険がいっぱいです!
株初心者は慎重になろう
■株の注目の銘柄情報を紹介
今が旬の注目株ナビ
■自分に合った株主優待をみつけましょう
オススメの株主優待
■悪徳・詐欺には注意ですよ!
投資顧問の比較はこちら